Confrontting Our
Plastic Addiction

プラスチック製の「そうでもない」ファンタスティック

その創造以来、プラスチックとして知られている信じられないほど多目的な材料は、すべての産業で使用されています。材料として、プラスチックは安くて、汎用性が高く、軽量で、丈夫で、長持ちします。問題は、プラスチックは耐久性があり、劣化するのが遅いということであり、それが本当になくなることはありませんが、それだけで、より小さく、より小さな断片に劣化します。

シングルユースのプラスチックは、今や私たちの環境に対する最大の脅威の一つとなっています。私たちのプラスチック廃棄物は信じられないほどのスピードで山積みになっていますが、それでも私たちは年間3億トン以上のプラスチックを作り続けています。毎年800万トン以上のプラスチックが海に入り、海洋生態系を荒廃させ、野生生物を脅かしています。プラスチック汚染は、毎年推定10万匹の海洋哺乳類だけでなく、何百万匹もの鳥類や魚類を殺しています。

浮力のあるプラスチックは、世界中の外来種を輸送しています。放置されたり、紛失したり、廃棄されたりした漁具は、何十年にもわたって動物を捕獲し続け、サンゴ礁や他の底生生物の生息地を汚したり、窒息させたりしています。小さな網や6パックリングのようなプラスチック製のものに絡まった動物は、すぐに窒息したり、裂傷を負ったり、栄養失調で長引く死に至ることもあります。プラスチック汚染は、多くの海洋・沿岸産業に悪影響を与えています。観光業に損害を与え、漁業を荒廃させ、海運業に深刻な経済的損失をもたらしています。

プラスチックは決して無くなることはなく、その代わりに、マイクロプラスチックと呼ばれる小さな破片に分解されていきます。これらの小さなプラスチックの破片が動物に摂取されると、消化管を塞いだり、動物の風の通り道に詰まって窒息の原因となったり、胃の中に充満したりして、栄養失調、飢餓、そして死に至る可能性があるのです。摂取したプラスチックの毒素は、動物の肉や臓器に移って食物網を通り、最終的には魚を捕まえて食べた人間に届き、魚から私たちに毒素が移っていくのです。

前の記事
次の

コミュニティによるビーチクリーンアップは、今や私たちのビーチや海岸線ではごく一般的な光景となっています。これらの活動は、教育や意識向上のための訓練として価値のあるものである一方で、野生生物を脅かす可能性のある汚染の除去にも役立っていますが、ビーチクリーンアップは解決策ではありません。

そもそもプラスチックを増やすことをやめて、それによって汚染を防ぐ必要があります。

海洋プラスチック汚染の主な発生源はアジアで、中国、インドネシア、フィリピン、ベトナム、スリランカの5大発生源となっています。これにはいくつかの理由があります。これらの国では、廃棄物管理のインフラが貧弱で、一回使用のプラスチックの害についての教育が不足しています。また、グローバルなメーカーは、先進国ではない国のために製品をシングルユースに縮小しているため、その責任を負うことになります。例えば、先進国では大きなボトル1本のシャンプーが売られていますが、多くの発展途上国ではそうではありません。ここでは、メーカーはシャンプーを一回分の小袋に入れて販売しており、顧客は必要な分だけ購入することができます。これらのプラスチック小袋は最も価値の低いプラスチックであり、リサイクルされることはなく、埋め立て地や海に捨てられてしまいます。